BATTLEエクストリームプロレス準決勝第二試合、西内るなVS涼海みさ

イメージ画像

BATTLEエクストリームトーナメント5th 準決勝第二試合 Special Edition
西内るな:148cm B80 W58 H81
涼海みさ:151cm B88 W58 H88
収録時間:151分

有名アイドルたちの格闘技・プロレスDVD情報

若手の選手たちばかりが参戦したBATTLEエクストリームトーナメントだが、全員に優勝のチャンスがあると言われるほど、才能と実力に溢れた豪華なメンバーが揃いました。反則・エロ攻撃なんでもありの過酷なプロレスサバイバルです。
BATTLE女子プロレスまとめ→有名AV女優たちのプロレス動画

熱戦を演じて準決勝まで勝ち上がってきたのは、西口あられ、あやね遥菜、涼海みさ、西内るなの四名。まさに偶然なのかファンの人気が高い美女レスラーばかりが残っっている。まず準決勝第一試合は、西口あられとあやね遥菜が、己の出せる全ての力と精神力ををぶつけ合った正統派ストロングスタイルの迫力ある闘いが繰り広げられた。

そして今回の準決勝第二試合なのですが、涼海みさと西内るな、ともに曲者同士の激突です。涼海みさは、一回戦で久我かのんと対戦し、エクストリーム戦らしい残忍さと狂気で相手を暴行し、しかも見事なジャーマンスープレックスを見せつけた。ただの凶悪なヒールでは無く、卓越した技術と強さを実力派であることも証明してみせた

一方の西内るなは、一回戦で星川ういかと対戦、その美貌のルックスから正統派アイドルレスラーと思わせながら、星川の反則攻撃に対して、倍返しの反則攻撃を慣行し、相手をイジメて泣かせてしまうまで追い込んだ。ビジュアル先行のラッキーガール的な印象が濃いが、彼女もまた見事なスープレックスを武器にしている。新人ゆえにキャリアが浅いが、逆に真の実力は良い意味で未知数なところが多い。

下馬評では、これまでの実績から涼海みさがリードしているのは確実だが、初対戦ゆえにお互いの相性などは全く分からない。お互いにルックスも美しく優れた実力を持ちながらも、サディスティックに凶器反則を駆使して勝利を掴んできた二人。しかし二人は、驚いたことに何と試合中に「反則攻撃なしでの正々堂々とした勝負」を誓い合う。果たして、その誓いは本当なのだろうか?すでに駆け引きは始まっているのかもしれない。この勝負の行方はどのような結末が待ち受けているのか興味は尽きないだろう。