美女たちが集うBATTLE女子プロレス試合 葉月もえVS咲坂花恋

女子プロレス

作品名:BATTLEエクストリームトーナメント7th 準決勝第一試合
葉月もえ:154cm B86 W59 H85
咲坂花恋:162cm B84 W60 H86
収録時間:99分

美女たちが勢揃いするBATTLEセクシープロレス

CF×FCからの刺客として送り込まれた女子レスラー咲坂花恋は、この第七回エクストリームトーナメントの台風の目と言うべき存在になっている。彼女は切れのある打撃技と、そして何といってもブリッジの美しい高角度のエベレストジャーマンを最大の武器にする強豪選手である。バトルの選手たちを次々に撃破、ついにはエースの一角である高梨りのを完膚なきまでに叩き潰したのである。もはやB-1女子プロレストーナメント優勝候補の筆頭と言わざるを得ない存在となっている。

そして今回の準決勝では、バトルのトップヒールである美女レスラー葉月もえが彼女の前に立ちはだかる。同じくトップヒールだった涼海みさと顔立ちが似ているだけでなく、ファイトスタイルも涼海と似た葉月もえ。一年前のトーナメントでは一回戦で敗退を喫したものの、涼海との直接対決、そして高梨りのとの激闘などを経てメキメキと実力をつけ頭角を現している。その高い資質は端倪すべからざるものがある。

咲坂花恋は、トーナメント一回戦でヒールの星咲マイカに勝利を収めているが、今回の相手である葉月もえはケタ違いの強さ、そして権謀術数な悪さを持っている。バトルのトップヒール葉月もえを相手に、CF×FCの代表として実力を見せつけ、そして必殺のエベレストジャーマンをきめる事が出来るかが見所となるだろう。
また咲坂花恋はスープレックスの達人ではあるが、実は葉月もまた決してラフファイト一辺倒のヒールではなく、スープレックスの精度を高めており、決して咲坂に引けをとるものではない。そして最近はライガーボムまでも身につけており、ますます攻撃力が進化している。

CF×FCの白い水着のプロレスラーvsバトルの黒い水着のヒールという構図は、お互いにプロレス団体の看板を背負う因縁の対決でもある。この準決勝第一試合は、もはや事実上の決勝戦といっても過言ではないだろう。美女レスラーたちの激闘乱舞が繰り広げられる事になる。